「Googleが掲げる10の真実」を読んでのアフィリエイター的思考論

アフィリエイターは、Googleに心臓を握られていると言ってもおかしくないので、グーグルが何を考え、どのような行動をしているのか気になったのでアフィリエイター的思考論でシェアできたら幸いです。

 

 

Googleが掲げる10の真実

 

  1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
  2. 1つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。
  3. 遅いより速い方がいい。
  4. ウェブ上の民主主義は機能します。
  5. 情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。
  6. 悪事を働かなくてもお金は稼げる。
  7. 世の中にはまだまだ情報があふれている。
  8. 情報のニーズはすべて国境を超える。
  9. スーツがなくても真剣に仕事はできる。
  10. 「すばらしい」では足りない。

 

Google 検索が機能するのは、どのサイトのコンテンツが重要かを判断するうえで、膨大なユーザーがウェブサイトに張ったリンクを基準としているからです。Google では、200 以上の要素と、PageRank™ アルゴリズムをはじめとするさまざまな技術を使用して、各ウェブページの重要性を評価しています。PageRank のアルゴリズムでは、ページ間のリンクを「投票」と解釈し、どのサイトが他のページから最高の情報源として投票されているかを分析します。この手法なら、新しいサイトが増えるたびに情報源と投票数が増えるため、ウェブが拡大するにつれて効果も高まります。また Google では、多くのプログラマーの力の結集によって技術革新が進むオープンソース ソフトウェア開発にも力を入れています。

 

ウェブ上の民主主義は機能しますより。)

 

リンクはとても重要ってことですね。今は、どうかわかりませんが明記してあるので「リンクは必要である」ということになります。それよりもグーグルの理念的な考え方が、サイトにもリンクするという視点で考えたいと思います。

 

まず内部の目標や収益ではなくユーザーを最も重視する必要がある。

 

これ大事ですよね・・・毎日の売上ばかり気にしているので、ちょっと改めたいなと・・・まずユーザーがどこから来て、どのような目的でご来店したのか?あと記事を読んで満足いただけたのか?

 

勘違いしがちなのが、成果報酬型アフィリエイトの場合、すぐにその商品が欲しい目的で、来店しているユーザーならクロージングする必要がないので、購入ボタンを「ポン」って誘導するだけ・・・考え方によっては、これもユーザーを考えた行動になるのかなと。

 

でも広告主にとっては、無駄な出費になるのですが実は、広告主はSEOができないのでASPにお願いしているわけでこれもまた、ケースバイケース。

 

 

遅いより速いほうがいい。

 

これは、当たり前田のクラッカー(古い)でもなかなかできない・・・

 

画期的な革新をモバイル ユーザーに提供したいと考えています。Android は、インターネットの土台にあるオープン性をモバイルの世界にもたらすものです。Android によって、ユーザーの選択肢が広がり、先進のモバイル体験が可能となるだけでなく、携帯通信事業者、メーカー、デベロッパーにとっては、新たな収益機会が生まれます。

 

スマートフォン時代は、もう来ています!!!!!

 

 

「情報のニーズはすべて国境を超える」

 

 

日本だけでなく世界に情報を発信できたら夢も膨らむな~~

 

最後に!一番ドーーーーーーーーーン!!ときたのが、

 

スーツがなくても真剣に仕事はできる。
Google の共同創設者は、仕事は挑戦に満ちていなければいけない、挑戦は楽しくなければいけないという考えで会社を作りました。適切な企業文化があるほうが、創造性のある優秀な成果が上がりやすくなると Google は考えています。

 

そう!スーツがなくても真剣に仕事ができるということではなくて・・・・挑戦です!!仕事は挑戦の連続!しかもワクワクした気持ちでなければいけない!どの事柄でもそうですが、これに尽きると思われます。

ABOUTこの記事をかいた人

1978年生まれ千葉県在住のブロガーkohsukeです。(妻と娘3人の5人家族)26歳まで野球一筋で「日本ハム」の「打撃投手」(BP)をしていた経歴があります。現在、サラリーマンです。他にもサイト作成なども手掛けています。