人間関係に疲れたら・・・悩むことがない職業になるという選択肢はアリか?

image

 

Twitterでこんな記事が流れてきたので、ちょっと今の仕事の人間関係に関してシェアできたらなと思います。

人と接する仕事はとにかく人間関係に悩まされることが多々あります。職場の上司、部下、サービス業や取引先の場合、お客様に「土下座しろ!」「誠意を見せろ!」と罵倒されることもあるかもしれません。「土下座」して問題が解決するのなら・・・・ここまでくると、ちょっと危険な匂いが漂います(汗
 

実際、私はサービス業なのでそんな気持ちで、トラブルが起こったお客様と接しています。ただ一番厄介なのが、「保障問題」で「訴訟問題」ではないでしょうか?

現場の人間としては、なるべく事を大きくしないようにするのが普通です。現実問題、「警察」は「刑事事件」に発展しなければ動いてくれませんので、あくまで店側対処しなければなりません。とても疲れます、悩みます。

 

人間関係疲れる従業員

image

トラブルは、外だけではありません。内部問題も山積みです。まず、仕事を辞める理由として、「人間関係」のトラブルで辞めていくことが多い気がします。現実問題、現在の職場ではとても多いです。例えば、第三者から「あの人がこう言っていたわよ・・・・」なんて聞いた日にゃ、人間むかつきます。当然ですよね、せめて面と向かって言ってもらったほうが、まだいい気もしてきます。

 

そんな内輪もめ1つや2つ心当たりあると思いますが、あの心のダメージは、頭の中で雪だるまのように大きく悩み続けたりしてしまうことも・・・心当たりありませんか?

 
特に女性が多い職場の場合、いろいろ問題が多い可能性が高いです。人間、会う会わないがあるので致し方ない部分もありますが、長くその人と付き合っていかなければいけないので、うまくかわす技術も必要になってきます。
 

そう考えると、そこまで考えて悩まなくてはいけないのなら、フリーランサーという職業も選択肢としてありではないかと思ってしまいます。特に、私なんかは人付き合いが苦手で億劫な人なので、いつもビクビクしながら仕事していますので、もしかしたらフリーランサーの方が性に合っているかもしれまあせん。

ほんの少し見えてきた明るい景色

 

image

 

現在、私はアフィリエイトで副業収入を得ています。これは、現在のサラリーでは生活ができないので最低限の生活をするための手段です。この副業がなければ、子供たちを養ってはいけません・・・

 

ただ、こういった給料以外でお金を稼ぐという選択肢を得たことによて、また違った世界が広がったように思います。給料だけがお金を稼ぐ手段ではないのだと・・・「会社員の小さなマーケット」の記事にもありますが、ダイレクトに支払われる報酬は、給料以上の喜びと充実感があります。

 

思わぬ報酬があり、やったらやった分だけの報酬に魅力を感じない人間はごくわずかだと思います・・・そういった成功体験を忘れずにステップアップしていき、いずれ本業への道へと頑張ってみてる価値はアリではないだろうか?

ABOUTこの記事をかいた人

1978年生まれ千葉県在住のブロガーkohsukeです。(妻と娘3人の5人家族)26歳まで野球一筋で「日本ハム」の「打撃投手」(BP)をしていた経歴があります。現在、サラリーマンです。他にもサイト作成なども手掛けています。