Kindle本の「ドラッカーに学ぶブログ・マネジメント」を読んだら、もやもやが晴れた!


お世話になっております@kohsukeです。

今回は、Kindle本の「ドラッカーに学ぶブログ・マネジメント」を読んだ感想を書きたいと思います。著者は、倉下忠憲さんでいろいろなKindle本を出されている方、「Rstyle」というブログもある。

結論から申し上げると、とても良かったです。僕は、そもそも「ブログで稼ぐ」になにか違和感と、もやもやした気持ちがあったのですがそれを払拭させてくれました。
この書籍は、ドラッカーのマネジメントをブログに置き換えて分かりやすく説明してくれるので、何度も読み返して熟読してしまいました。

第1章のそもそもブログとは何か?

  • 「ブログとは何かを決めるのは顧客である」
  • 「ブログの目的は読者を創造すること」
  • 「そのブログの何かを決めるのは読者」

これはわかるんです。ぼくのわからないのは、「利潤動機」なんです。

「別にお金を稼ぐためにブログやっていない・・・」

「いやお金を稼げぐためにブログやるんでしょ?」

この極端な狭い視野の中でいつも、もやもやしていたのですが、この電子書籍読んだらパッと気持ちが晴れました。なるほどね〜っていう感じです。

  • ブログで収益上げたいけど続かない
  • PVばかり気にしてブログの趣旨がわからない
  • ブログ書いても時間の無駄だと感じる時がある
  • ブログを続けるモチベーションが低い
  • 読まれる記事が書けない
  • 楽しくブログを書きたい
  • ブログとはなにか?
  • 承認欲求のコントロールをしたい

そんな気持ちを少しでもあるブロガーなら一度手にとってみてもいいと思いました、おすすめです。

ブログ

Posted by kohsuke