グーグルアドセンスの収入のおかげで娘を幼稚園に入園させることができました。

2016年11月4日

スクリーンショット 2015-08-15 10.07.10

私には娘が3人いる。小6、3歳、1歳。いきなりだが、わたしの近い目標は、真ん中の子を幼稚園に入れることだった。理由は、上の子の場合、当時共働きだったため、3歳から保育園に入れ、迎えはいつも18時過ぎていて遅い迎えばかりだった。仕事でお互い遅い日は、義理の父母に迎えに行ってもらったことも何度もあった。仕事はお互い拘束時間が長く、仕事に縛られる日々が続いていた。

 

その後、月日が流れ2番目の子の妊娠がわかり妻は、お腹が大きくなるまで働いてくれた。それから出産後しばらくして妻は、また違う仕事(最初はアパレル関係、今回は歯科助手)にパートとして働きにでた。私は、日番と夜勤がある仕事なので夜勤の日は、昼間子守りをしながら二人三脚で働いていた。

 

 

私はというと、同じ会社で何年も働いているが、ライバル会社の出現などで苦しい戦いが続いていた・・・小さな会社が原因なのか、業績も良くもなく悪くもない状態で、頑張って現状維持が精一杯。その為、給料は上がるはずもなく、上がるのは責任だけ、トラブルなどがあれば、休みの日でも出勤していた。

 

 

スポンサーリンク

共働きの難しさ

スクリーンショット 2016-07-13 21.18.17

前置きが長くなったが、とにかく私は、子どもがある程度、大きくなるまでしっかり妻には、子育てに専念してほしいという思いが日に日に増し、だが私の収入が少ないせいで、現実問題難しい状況だった。もし嫁が中途半端に働きにでても6~10万ほどの収入。保育園料(1歳と3歳)を7~8万収めれば残った額は、数万円しかないという事実があるのと、嫁が保育園料以上の見合った額を稼ぐにははやり、ガッツリ正社員で働かないと意味がないということだった。

 

私の考えでは、乳飲み子がいる人が会社の面接をしても難しいのではないか?という問題も少なからずあった。余談になるが実際、私は仕事で人を採用する側の人間だが、小さい会社なので、子どもが小さいだけで減点対象にどうしてもせざる終えない。

 

仮に子どもが病気にかかり、会社を休まざるを得ない状況になった場合、代わりがいないのと、他の従業員に負担を負わせるわけにはいかないという理由があるからだ。

 

 

経営の立場から言えば、余裕をもった人員が取れない以上、他に違う対象者がいれば間違いなくどんなに優秀な人材でも採用はしないだろう。まぁそんなことを考えても仕方がないし状況が違う会社だってたくさんある……(余談ここまで)

 

当の本人はというと・・・いつも「働く!」と一点張り。

 

働くことに苦を感じない性格なのか、お金の問題になると、未だにすぐ「働く!」と言い出す。

 

 

副業という選択肢

そんなこんなで、私のとった行動は「独立」の道なのだが、その前にやらなければいけないことは、真ん中の娘を幼稚園に入れること。そう出て行くお金が増えれば、入ってくるお金を増やさなければならない!そこで考えたのが、アフィリエイト。性格上、一番の副業収入はアフィリエイトがいいのではないかと思い、2年前に始めたのだった。

 

 

まずは1年後、娘を幼稚園にいれなければならないので、即効性のあるジャンル選びと成果型報酬より、あまりテクニックのいらないクリック型報酬のグーグルアドセンスで攻めることにした。(当時、ブラック手法など全く知らなかった・・・)結果は、毎月平均して5万円の収入が得られるようになり、去年の11月に念願の幼稚園に願書を提出することができた。

 

1年間制作したメインサイトが、ぶっ飛んでしまった紆余曲折もあったが、なんとか12月も6万以上の収入を得ることができ、今月もこのままいけば、7万までいきそうな感じだ。

 

次の目標の月6ケタまでまだまだだが、上の子も修学旅行(ホワイトスクール)、中学生費用、下の子の手術費用などまだまだお金がたくさんかかる、もっともっと頑張らねば^^

ブログ

Posted by kohsuke