【iPhone6Plus16GB】要らないアプリを消して容量を確保しよう!

 

iPhone6Plusの16GBを使っているのですが、とにかく容量がすぐなくなります。動画などたいして撮っていないのにいつの間にか残り○○MBになっていたりします。

 

そこで私は、Macbook Airを持っているので、たまらないように写真や動画は、すぐに写しiphone6Plusには、写真、動画は残らないようにしています。それでもなぜか残りの容量は1GB・・・

 

iPhone6Plusの容量の確認方法

 

ストレージのチェックは、「設定」→「一般」→「使用状況」で確認します。その中にストレージという欄があり、「使用済みGB」と「使用可能GB」が確認できます。

 

その下に、「ストレージを管理」という項目があるのでタップします。そこにどのアプリがGB、MBを消費しているのかがわかるので確認しておきましょう。ちなみに1000MBは1GBです。MBがずらっと並んでいると思いますが、MBよりGBの方が容量を食っていることになります。

 

以外に容量を食うアプリ

便利だと思うアプリをついついダウンロードしてしまいがちですが、しばらくたつと全く使わないアプリが出てきます。そんな時は、こまめにアンインストールしてしまいましょう。画面上にアプリをロングタップすると、アプリが揺れ出しますので、「x」を選択します。

 

特にゲーム系のアプリはやっていないのならどんどん削除してしまいましょう。

 

パソコンにデータを移せない場合は、「iCloud」を使う

iCloudは、「設定」→「iCloud」をタップしてデータをバックアップします。容量が足らない場合は、月額100円から容量を購入できるのでまずは、月額100コースの20GBを選択しましょう。

 

今後iPhoneを購入するなら64GB以上を・・・

私は、iPhnoe6Plusを購入するとき品薄で16GBしか在庫がなく、しかたなく16GBにしました。本当なら64GBぐらい欲しかったのですが、Macbook Airもあるし、しょうがないかと思っていましたが、ここまで容量が急激に減るとは思いませんでした。今後どんどんハイスペックになり容量も多く必要となってくると思われますので、できるなら容量の大きいスマートフォンにしていきたいもです。

ABOUTこの記事をかいた人

1978年生まれ千葉県在住のブロガーkohsukeです。(妻と娘3人の5人家族)26歳まで野球一筋で「日本ハム」の「打撃投手」(BP)をしていた経歴があります。現在、サラリーマンです。他にもサイト作成なども手掛けています。