父よなぜファミコンではなくセガSG1000なんだ・・・

私は、現在37歳だ。今日、久々に1人でお風呂に入った時に、小学校低学年の頃をふと思い出した。昭和50年世代は、ファミコン、ビックリマン、キン肉マン世代だ。丁度、小学校1・2年頃ファミリーコンピューターのスーパーマリオブラザーズがはやっており、当時の私も欲しくてたまらなかったのを覚えている。

 

丁度、クリスマスの時に、ゲーム機をを買ってくれるということで、今は無い「ダイクマ」(ホームセンター)に父と買いにいったのだ。そのときは、ファミコンの存在がわからず、とにかくゲーム売り場に向かった・・・

 

確か記憶では、ファミコンとセガSG1000が両隣に並んでおり選んだのは、SG1000だった。今思えば、クソゲーだったのかもしれない。そこで私が覚えている、SG1000クソゲーランキングを公表してみたいと思う。

 

 

第3位イーアルカンフー

 

三角蹴りをマスターした僕には、まさにパーフェクトマスター!ハメまくって一撃も食らわず次々と蹴散らしていた・・・

 

第2位サファリレース

 

まさにクソゲーでもハマりまくったゲーム!サファリだけに動物がジャマをするレース。

 

第1位ザクソン

 

なぜ3Dっぽくしたのだ!?高さが全然わからず死にまくった記憶しかない。壁が越えられず、超えたと思ったらバリアーでやられるという、自分がいまどの高さにいるのかをメーターで判断しなくてはならず、超難解のクソゲー必見だった。

 

まとめ

スクリーンショット 2015 05 16 22 19 34

ファミコンとは違いコントローラーがスティック型でとにかく操作しにくかったのを覚えている。僕は、学校が終わったら一目散に友だちのうちに行き、スーパーマリオブラザーズをやりにいっていた・・・

ABOUTこの記事をかいた人

1978年生まれ千葉県在住のブロガーkohsukeです。(妻と娘3人の5人家族)26歳まで野球一筋で「日本ハム」の「打撃投手」(BP)をしていた経歴があります。現在、サラリーマンです。他にもサイト作成なども手掛けています。