おすすめ炊飯器!こだわればいつものご飯がおいしくなる【タイガーIH炊飯器JPB-G102-DA】

mikuratv / Pixabay

各メーカー独自の釜技術を開発しているのじゃ

家電博士

メーカー間の競争が過熱している家電いえば、炊飯器。

各社工夫を凝らした「釜」でしのぎを削っている。

定価10万円前後のハイエンドモデルが人気を集めているが、3万円未満のリーズナブルな製品でも優れた釜を採用した商品が意外に多いです。

それでは、アマゾンレビュー評価4以上の炊飯器を厳選してご紹介!

タイガーIH 炊飯器 JPB-G102-DA

Amazon評価4.5
分厚い本土鍋のおかげで熱がまんべんなく全体に回るので、炊きむらがないです。

象印マホービン極め炊きNW-AS10

Amazonレビュー評価4.8
「南部鉄器 極め羽釜」で炊き上げることで、ご飯の旨味成分が増加。おいしさをしっかり保つ「極め保温」も搭載しています。