アフィリエイターとブロガーの違いなどを自分なりに整理しとく

どーもコースケです。

突然ですが、もし自分が広告主だった場合、どういったアフィリエイトサイトやブログから広告を掲載し広告料を払いたいですか?

自分が広告主として考えた場合、人気ブログ経由のユーザーからできれば購入して頂きたいというのが理想です。

他にSEOの観点からいうと売れるキーワードを探して検索上位に表示させるのもマーケティングのひとつですが、なかなか骨の折れる作業です。

もう一つ理想をいうと、その商品に関心がなかったのに、欲しいと思わせる記事だとそれはそれで嬉しいし、この人がおすすめしている商品なら、買ってもいいのかな?っていうのがマーケティングの醍醐味になったりします。

アフィリエイターとは?

さて、アフィリエイトサイト(アフィリエイター)はというと、ざっくりいうと購入目的の人が「検索窓」に打ち込み検索の上位を狙うのが主な仕事。

もちろんクロージング力も必要ですが・・・

アフィリエイターの仕事というのは、広告主には手間がかかり、難しいSEOができないところをアフィリエイターが補い、顧客を獲得していくというのが一般的です。

実を言うと、ブロガーとアフィリエイターの違いは、いろいろ議論されてきていますが、やっていることは、実は同じと思うわけなんです。シンプルに考えるとね・・・

真のブロガー像とは?

やってみるとわかるのですが、人気ブログを作るというのは、とても骨の折れる仕事というかやり方。

頻繁に記事を更新しなければいけないし、好きなことを書き殴って物を購入してくれれば、それはそれで喜ばしいことなのですがいろいろと壁が立ちはだかります。

実を言うとだいたいのブロガーは、アフィリエイターのような収益を目的にした検索流入を軸として考えています。

なぜかというと、表向きは自分が主役という認識を持ちつつ本当は、情報が主役にしたブログの書き方のほうが、手っ取り早く稼げるからです。

逆にアフィリエイターもレビュー記事は、失敗したくないユーザーにとっては購入目的につながりますので、架空の人物を描いて主役にしたりします。

そう考えると、真のブロガー像というのは、検索流入に頼らなくともユーザーを集めることのできるのではとふと思うわけです。

そうなると、TwitterなどのSNSの流入が軸になったりしてきます。

真のブロガー論を語りたかったのですが、どうも報酬という目的を考えてしまうと、ブログとは?なんなのか逆戻りしてしまいます。

こう考えると、本当のブロガーはあまり表に出てこず、広告も特に気にせず日記のように書いてシェアするという、僕の知らない世界があるのだと想像しています・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください