俺のリアルタイムトレード配信とくとみよ! 

【FX】「RSI」を使ったダマしを回避する方法

どうもデイトレーダー・コースケです。

昨日の相場は、かなりのボラがありチャンスだったのですがジャパンタイムとロンドンタイムにドル円があげ、そのままの思考でニューヨークタイムに入ったらものの見事に、下落・・・なにもできませんでした。

LINE@トレード配信結果

0勝1敗-20pips

10月36勝52敗-56.9pips

トータル55勝64敗+214.5pips

昨日は、1トレードしか入れませんでした。

昨日のポンドは150pips以上の下落があり、いつも通り入っていれば勝ててたのですが、なぜだかドル円ばかりが気になっていました。

そんなこんなでポンド円のトレードが疑心暗鬼になってしまいこのような結果に、無念・・・

配信トレードをしていると、こんだけ負け続けているのになぜかトータルがプラスなのがとても不思議な気持ちになります。

実は自分の中では、もうボロボロなんですよ。

センスなさ過ぎて、自分が嫌になるぐらいなんですが、でもルールさえ守れば何とかなるのが相場と思って自分に言い聞かせています。

なので何連敗しようが自暴自棄にならずにコツコツとトレードしていけばきっと明るい未来が待ってると信じています。

配信トレードの調整

LINE@トレード配信もようやく形になってきたのですが、でも自分のやり方だとうまくpips調整ができないことが多くあることがわかりました。

なので、pipsを少し大きく取ろうかと考えています。

私は、ストップの値幅がかなりきついので、あっという間にストップにかかってしまうことがよくあります。

そうなると、トレード回数も増えることによって、スプレッド負けを起こしたり、オーバートレードなったり。

それと配信をした直後にストップにかかったりしたことあるので、ポンド円はボラが激しいのでうまく配信できないことがあります。

ちょっと調整してみることにします。

トレンドに逆らってしまう心理

さて本題になりますが、例として昨日の急落相場を軸に考えたいと思います。

昨日は、ドル円ポンド円ともにジャパンタイムは上昇。

ロンドンタイム時に、ポンドは急落、ドル円は上昇という形になりました。

まずは、ドル円から考えていくと112.70円まで上昇しそこから急落し112円を割ってきています。

昨日の私の見解は、113円を目指すのでは?

と思っていました。

そうなると、下落が押し目買いのチャンスになってくるのです。

そうなると下がったところで、買いを入れたいと考えるのですが、結果はそのまま下げっぱなしです。

これだけ下げれば、そろそろ上がるだろうと考え、どこで買うかチャートを見ます。

そう、下落トレンドが発生しているにもかかわらず、逆らって買おうとしているのです。

この心の心理は、実は固定観念が邪魔をしています。

今日は、買いと決めているので急落相場では、負け続けます。

勝てるわけがありません。

しかも、下げっぱなしはないと考え、反発を期待しますので、さらにむきになって買い場を探します。

とくに短い時間軸で上昇を見てしまうと、何度も入りたくなります。

これが、実は罠で下落相場なので絶好の戻り売りのチャンスなのですが、実際は買ってしまっています。

なので、負け続けてしまう・・・あたりまえのことなのですが、これがわからず、どうして負け続けるのか、わからないのです。

ではどうしたらよいか?

予想は、しないことです。

チャートのロウソク足だけで判断することです。

しかも、短い時間軸で見るのではなく1時間足で見ることをおすすめします。

1分足や5分足ですと、ちょっとした反発に右往左往してしまうからです。

判断が鈍ってしまいます。

なので今の状況がどんな感じなのか?

1時間足で1本のろうそく足を見ることが大事です。

そうすれば、今のどっちが強いのか?

判断ができると思います。

もちろん、同じ方向にトライするわけですが、買われすぎ、売られすぎといった指標もありますのでストップにかかる可能性もあります。

そんなときは、「RSI」などのインディケーターを使って判断したりすると、だましを少し回避できたりします。

ただ勢いが強いと「RSI」がうまく起動しませんのでそこは、自分の裁量になってきます。

「RSI」の使い方は、省きますが要は今、入りたいんだけど、反発があるかもしれないからちょっと見てみよう!ぐらいでいいと思います。

インディケーターにすべてを頼ってしまうと、あまりいいトレードができません。

せっかく裁量でトレードしているのに、柔軟性がなくなってしまうとトレードがきつくなってしまいます。

というわけで、今日はこの辺で・・・頑張ってトレードしていきましょう!