俺のリアルタイムトレード配信とくとみよ! 

【FX】「アメリカ雇用統計」トレードの勝ち方とは?

昨日は、アメリカの雇用統計が発表されましたが、思ったほど動きはなくいつものお祭り騒ぎにはなりませんでした。

全体的に、ドル円は上昇、ポンドドルは下落といった感じでした。

こういったイベントでトレードする場合、クロス円は避けたほうがいいですね。

昨日のような、円安ドル高になると、クロス円は引っ張り合いをしますので、上下に大きくぶれてしまいます。

なので、取引するならドル円、ユーロドル、ポンドドルでトレードしたほうが勝ちやすいです。

昨日のような、円安ドル高になる予想はある程度できていたので、スキャルピングトレードでは、ドル円ロング、ポンドドルショートといったトレードで少し利益を確保することができました。

今後のドル円は、113円をキープしているのでこのまま11月は円安で行くようにも思います。

ただ、114円まで行くかは不透明で、アメリカの中間選挙があるのでその動向次第でしょうか?

引き続き、アメリカ情勢に注目が集まっています。

LINE@トレード配信結果

2018.11.02の結果
昨日のLINE@のトレード配信結果は3トレード

2勝1敗+50pips

11月合計9トレード6勝3敗+150pips

【トータル69勝74敗+434pips】

昨日もなんとかプラスで終われました。

11月のスタートダッシュができているので、こまま突っ走りたいと思います。

昨日の記事でも書いたのですが、ポンド円も爆上げで「いくらなんでも上げすぎだろ!」といった固定観念が邪魔をして売り一辺倒になってしまうと、とても危険です。

逆に、売って駄目だったので買いに切り替えたら、今度は売られていくという「往復びんた」を食らうこともよくあります。

ではどうしたらよいのか?

結局のところこれは、仕方がないことと割り切るしかないと思います。

逆に、買って正解、売って正解といった往復とれるパターンもあるのでやはりトレードは、「表裏一体」といった認識をもつように心がけたほうが、精神的に安定します。

よく暴落で、投資家たちが損失を出したといった、ニュースを見ますが実は蔭では、大量にショートして大儲けしている投資家たちもいるということを考えると腑に落ちると思います。

トレードには、正解はないと思って日々トレードしていくことが何より大切なのではないのでしょうか?

それでは!