スイスショックに学ぶFXの恐ろしさ!なぜスイスフランが崩壊したのか?まとめ

2016年11月4日

 

たまたまリアルタイムでユーロ/スイスフランを見ていたのですが、まさかのユロスイの1.2を割って奇妙なチャートが表示されていました。

なぜこのようなことが起きたのでしょうか?原因は、3年前にスイス中央銀行がユーロ/スイス固定したのが始まり。

 

EUR/CHFが1.2000をわることがあれば無制限で為替介入をする!

 

とスイス国立銀行が公言したもの。1.2撤廃の背景には、欧州中央銀行(ECB)が来週、QE(量的緩和)に踏み切ると予想しているからだと言われています。このまま、ユーロ買いを続けることができないと判断したのでしょう。

 

それを名のあるヘッジファンド勢が虎視眈々を狙っていたのは、言うまでもなく、一斉に売りを仕掛けてきました。それに輪をかけて、1.2は割ることはないという大量買いを推奨する情報が溢れかえっていたので、それらを信じた投資家達はとんでもない目にあったということです。

 

今回のヘッッジファンドの一斉売りは予想を遥かに超えたとんでもないエグい売り攻勢で、おそらく全力売りを仕掛けたヘッジファンドトレーダーもいたのでしょう。

 

スポンサーリンク

日本も人ごとじゃない

スクリーンショット 2015 01 17 11 08 56

 

 

日本も黒田総裁の日銀砲、黒田バズーカー!なんて言われていますが、近年、市場に国が足を突っ込んでも、操作できなくなりつつあり、かのリーマンショックも、「大きくてつぶせない」とアメリカが言ったほど市場は、膨れ上がってる。

 

これ投資家の中の話ならまだしも、一般市民まで巻き込んで欲しくないですよね、正直・・・・。もうリーマンショックの時のような不景気はこりごりです。

 

さて、これらのことで、私たちが教訓できるものは「己の裁量」だけになってきますよね。依存型世界ではなくなってきたいま、どうリスクヘッジをしていけばいいのか、時間は有限ではないのでよく考えていきたいと思った今日この頃です・・・・

 

スイスフランで痛い目にあった人

 

 

 

今回のスイスフラン”暴投”で損失を被った方、察し致します。私も軽く”暴投”(汗)したことある人間ですので、お気持ち分かりますが、今回のはその否ではないかと・・・・

 

ただ、取引してた日本人は少ないと言われています。そもそもスイスフランってあまり動きのない通貨ですので、メジャーではありません。でもこういたEAに手を出そうか昔悩んだことあったので、震えがとまらんのはここだけのはなし・・・・

 

 

ブログ

Posted by kohsuke