「10年先も生き残るサイト構築論」これこそまさにサイト作成バイブルだ!

 Kindleストア

先日、「アドセンスセミナー」を受講した講師によるKindle本が発売されたのでレビュー致します。著者は、a-ki(あき)氏。「a-ki’s factory」というブルースギター講座サイトなどを運営されている方。2000年から趣味で、はじめたギター講座サイトが、現在年に数回程度の更新で月間50万ページビューを維持している方、他にもサイト多数運営。

 

今回のKindle本「10年先も生き残る安定志向のサイト構築論」は、

  • 小ページ数でもブログ(サイト)をどうやってたくさんの方に読んでもらえるのか?
  • 安定的に収益化させるにはどうすればよいのか?
  • これからどういったサイト(ブログ)を作ればいいのか?
  • 毎日、ブログを更新するのが正直しんどい・・・

といった中級者向けの本になるかと思います。

 

オーソリティーサイトってなに?

「◯◯といえばこのサイト!」という信頼のおけるサイトのこと。例えば今日の料理、なに作ろう?と思った時、パッと思い浮かぶのは、「クックパッド」という具合。そういったサイトはだいたい、「お気に入り」「ブックマーク」に入れますよね。僕はいつも今日のプロ野球結果が知りたい時は、「Yahoo!のスポーツナビ」観ます。

 

最近では、試合のハイライトが時間を気にせず観れるのでテレビのスポーツ番組見なくてもここで用が済んでしまいます。とても助かりますし便利です。そういったサイトが、オーソリティサイト(権威)ということになるかと思います。ではブログ(サイト)をどうやってオーソリティー化させるのか?・・・それをここでは書けませんし、本書に答えが乗っているので手に取って読んでくださいませ。

ブログのジレンマ

ここからは、僕の実体験になるのですが、ブログって今日、こんなことがありました。こんなもの買ってみました。などのレビュー記事が多いとおもいます。その日の出来事、興味を持ったことなどが一般的な主体かなと。

でも実際SNSを通して瞬間的に読まれるのだけれども、何日かして検索エンジンに、ちょいちょい拾われるぐらいでアクセス数が激減するってことありませんか?あと検索エンジンでたくさん拾われたとしても、いつの間にか拾われなくなってしまったとか・・・

はじめはGoogleの懐に入ること

要はなにが言いたいのかというとブログ(サイト)で収益化を目指すなら、需要があって競合サイトがいない検索キーワードをいかに長くコンプリートさせるか?そのためには、どうすればいいのか?そして、将来のために信頼されるサイト作りをコツコツ続けることがいかに大事なのか?そんなことをわかりやすく書かれているのが、「10年先も生き残る安定志向のサイト構築論」だと思います。

まとめ的な

こういったバイブルは、助かりますよね。セミナーなどで聞いて自分なりにまとめても実際サイトを作ろうとした時に、慣れるまで時間がかかるし、躓いたりします。もう一度読み返したりできる教科書の様なものがあればスムーズに取り組めるし、間違った覚え方(やり方)も減ると思います。

 

人は、記憶を忘れてしまう生き物なので、なんども読み返して、繰り返し覚える必要があります。セミナー受講や本を読んでやった気になってそれで終わってしまっては、本末転倒ですよね。どう、いいところを自分なりに落とし込んで、取り入れアレンジするか?まずは、実践してあきらめずに挑戦することがサイト作成を成功させる唯一の方法なのではないでしょうか?

関連記事: kindle本「情報サイトでオーソリティーを目指そう!: 10年先も生き残る安定志向のサイト構築論」が凄くおすすめ

ABOUTこの記事をかいた人

1978年生まれ千葉県在住のブロガーkohsukeです。(妻と娘3人の5人家族)26歳まで野球一筋で「日本ハム」の「打撃投手」(BP)をしていた経歴があります。現在、サラリーマンです。他にもサイト作成なども手掛けています。