ブロガーライターに送るSNS中毒にならない為の秘策はこれだ!

ブログを長く続けるためには、環境がとても大切だ。

スマートフォンは、誰しもが持っていると思うがソーシャルゲームやSNSをついついやりがちになる。

暇つぶしにはとても便利だが、中毒性がありスマホが無いと生活できない状況に陥りやすい。

スマホで遊ぶと言うことは、消費者と行った立場になるので、消費行動を押さえるのはほぼ不可能に近い。

どのアプリも入り口は、無料だが必ず課金が発生してくる。

これは、人間の心理に基づいて作られているので、よっぽど意思が強くないと無理だろう。

そこで、効率よく時間の無い人に送るライターやブロガー必見ツール端末をご紹介。

誘惑から脱出する方法とは?

スマホの代わりにポメラを開く癖付けをすると、効率よく執筆活動ができる。

ポメラとは、テキストを打つことだけに特化した端末で、要は文章作成の為だけのマシーンということだ。

しかも、少し長いスマートフォンぐらいの大きさなので、電車の中でも場所問わずで記事を書ける。

これで、SNSアプリを開くことが100パーセント無くなる。

しかもポメラd200は、とても使いが手が良く、僕はQRコードをスマホで読み取れば記事をコピーすることができる。

あとは、スマホからWordpressなり無料のブログアプリにペーストするだけだ。

アイキャッチなどは、PCを開いたときにでも実装するようにしよう。

見出しタグは「するぷろX」というアプリを使えば、簡単に作ることができるしアイキャッチや画像も簡単に入れられるので、スマホで撮った写真を手軽に差し込むことができる。

ポメラから良い記事を書くコツとは?

ポメラで記事を書くときの利便性についても申し分ない。

記事を書く際に、見出しは必須の条件となりそれなりのボリュームの記事を書くとなると必要である。

良い記事を書くには、記事を書く前にまず見出しを作りその後に、肉付けをするのがいい記事を作る条件となる。

そのときに重宝するのが、ポメラ機能の「アウトライン」というものだ。

左側に乱し一覧、右側に本文の編集画面を表示できるので記事の構成がしやすい。

見出し単位で移動したり、位置を入れ替えたりすることができるので章を立てて文章を作成することができる。

これは、ブログを書くときにとても便利な機能なので、是非使ってもらいたい。

ポメラのデメリット

ポメラで使いづらいのが、やはり写真入れなどの画像添付だろう。

ブログを書くときに画像はとても大事な要素を持っている。

しかし、今までブログを書いてきて思ったのが、画像を入れるのに時間がかかりすぎたりしてとても時間をロスしてしまう点だ。

ポメラは、文章作成に特化した端末なので、あえてそこまで要求するならポメラは必要ないだろう。

とにかく、文章作成に集中した人向けの端末なのでそこは、致し方ないことだ。

あとは、記事だできあがったらワンクッション入れないといけない点だ。

僕は、記事ができあがったらQRコードを読み取って軽く編集して投稿するので、それほど苦では無いと思っている。

肝心のキーボードはどうなの?

一番気になるのが、キーボードの打撃音や打ちやすさ、変換などのはどうなのかが聞きなると思う。

これは、さすが文章作成マシーンだけあって、全てクリアしていると思う。

打ち間違えもなく、スムーズに打てるし強くキーを叩いても大きな音はでない。

まとめ

ということで、ポメラの素晴らしさを書いてきた。

最近、ポメラD30が発売され、さらにコンパクト化された。

これは、キーボードも横に開くようになっていて、厚さはあるがスマートフォンよりコンパクトになっている。

少し価格が高いので、ブログで収益を上げられるようになったら是非持っておきたい端末のひとつだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください